2009年11月06日

ある意味、伝説のメジャーリーガー 2

昨日のヤンキースの松井選手の活躍、
本当に素晴らしかったです。
アジア人初のワールドシリーズMVPですよ。
松井万歳!! 石川県万歳!!
しかし、ヤンキースのユニフォームを着て
ゲームをする松井選手を見られるのも
昨日が最後だったかもしれないんですね。
ヤンキースのユニフォームを着た松井選手の
『トレーディングカード』
今年は良く売れているでしょうね。

野球好きなら、
ひいきのチーム・選手の
ベースボールカード、いわゆる
トレーディングカード(トレカ)の
1枚や2枚持っているかも知れませんが、
実は1966年に発売された
クロード・レイモンドという選手のカードが
とっても人気があったそうです。
その理由はというと 何と!!
ユニホームのズボンのチャックが
開いたまま写っていたからだそうです。

1959年〜1971年までピッチャーとして活躍した
クロード・レイモンド選手、
在籍していたヒューストロン・アストローズの
1966年度のトレカでチャックを全開にして
写ってしまっているそうです。
写真撮影のため、急いでユニホームに着替えて
準備したので、うっかり全開して
しまったそうなんですが、
チームメイトやファンからは好評で
そのトレカにサインを求められる事も
度々あったそうで、その時は、
照れ隠しもあって、チャック全開の上に
わざとサインをしていたそうです。
ちなみに翌年のカードもチャックが
全開だったらしいです。
チャックが開いていただけで
もちろん中身が見えていた訳では
なかったのですが、
あまりにも恥ずかしかったので
前の年度は、わざとチャックを開けたのだと
思わせるために、次の年度もわざと開けて
撮影したのだそうです。
そしてその翌年、3年連続、
チャックを開けた写真を狙ったのですが、
スタンドでファンが大勢見ていて、
さすがに恥ずかしいし、たくさん観客の前で
チャックを下すのは良くないと
もう大人だからまずいのではないかと思って、
さすがに3年連続はやめる事となったそうです。
結構、有名な話でテレビや何かでも
取り上げられたみたいです。
ちょっとどんなのか見てみたい!!

この珍しいトレカ、きっと高価な値段が
ついているんでしょうね。

参考:KBCラジオ『パオーン』沢田じいちゃん
 
posted by 優駿 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒ ト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132151822

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。