2009年11月27日

10時10分前後。

日本初のCMは「精工舎」服部時計店、
あの時計の「セイコー」だったらしいですよ。
何でもスタッフが機械に不慣れで、
フィルムが裏返しになっていたため
音無しで30秒間放送されてそうです。
今では、時計のCMはほとんど目に
しなくなりましたね。

ところで、広告やカタログに掲載されている
アナログ時計の針の位置は、
大体が10時10分頃を指していますよね。
これは一つはバランスが良いから
二つ、針を重ねると時計の針が分かりにくいから
そして、12時に針を重ねてしまうと
ブランド名のロゴが隠れてしまうから。
という理由があるからだそうで、
時計各社によって、その針の位置が
キチンと決められているそうです。
「セイコー」は10時8分42秒
「シチズン」は10時9分35秒
「カシオ」は10時8分36秒を指すと
厳密に決められているそうです。
面白いもんですね。

今度、時計のポスターなんか見かけたら
ちょっと確認してみましょうかね。

参考:ウイキペディア
   「職場の教養 7月号」
posted by 優駿 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。