2009年12月11日

宇宙から見えなかった万里の長城。


1987年に世界遺産に登録された
中国の『万里の長城』は
世界で一番長い世界遺産として
広く知られていますネ。
その途方もない大きさから、
宇宙から肉眼で見える唯一の建造物と
言われるほどですが、
実際には宇宙から『万里の長城』は
肉眼では見えないのらしいです。

かつては宇宙から見える
唯一の建造物として中国の教科書にも
載っていたんだそうですが、
実際には幅が狭い上に
周囲の色と区別が付きにくいために
肉眼で見るのは極めて困難なのだそうです。
今から6年前、2003年。
中国初の有人宇宙船「神舟5号」に
搭乗した飛行士が「『万里の長城』は
見えなかった」と証言したため、
中国の教科書からこの説は
正式に削除されてしまったそうです。

2004年には中国系アメリカ人の
チャイ飛行士が国際宇宙ステーションより
望遠レンズを付けたデジカメで万里の長城を
撮影することに成功したそうですが、
やはり肉眼では見えなかったそうです。

ちなみに今年の4月、中国国家文物局は
総延長は6,352kmから8,851.8kmであると
修正発表をしたそうです。
2000キロも長くなってる〜
えぇー、どうゆう事? 
えらくアバウトすぎやしませんかね。

それにしても約2000年の歳月を
かけて造り上げた凄い建造物には
感嘆してしまいますね。

ネタ元/三菱電機サイエンスサイト
    KBCラジオ「パオーン」沢田じいちゃん
posted by 優駿 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。