2009年12月14日

宇宙に初めて行った日本人。

1990年の12月2日。
当時、TBSの社員だった秋山豊寛さんが
ソ連の宇宙基地から宇宙船「ソユーズ」で
宇宙に飛び立ちました。
テレビでも中継され一躍時の人となりましたね。
もう19年も前の事なんですね。

この秋山さん、宇宙から初めて話した言葉は、
『これ本番ですか?』だったというのは
有名な話ですね。
本当は宇宙に行く前に、
『宇宙は混沌としています』と言おうと
決めていたそうですが、
実際宇宙に行ってみると
混沌としていなかったそうで、
そこで、何と言おうかと考えていたのですが、
するといきなり呼びかけられて、
慌てて『これ本番ですか?』と
言ってしまったそうです。
この一言が有名になってしまったんですね。

そして、秋山さんが8日振りに地球に
戻ってきた時に言った一言は…
『酒が飲みたい。たばこが吸いたい』
だったらしいです。
秋山さん、宇宙船の中でかなり酔って
しまったそうです。
ソユーズの宇宙飛行士も
『あんなに吐く人間は見た事がない』と
驚いた程に宇宙酔いしまくっていたようです。
その後、地球に戻っての第一声が
『酒が飲みたい。たばこが吸いたい』。
ほっとして思わず出た言葉なんでしょうね。

また、秋山さんは宇宙から見た
北海道の事を『旨そうな昆布に見える』と
言ったりもしているそうです。

宇宙から帰ってきた秋山さん
お金、名声、権力といったものが、
余りにもちっぽけなモノに感じて
全く興味がなくなってしまったそうで
現在は福島県で農業を営んでいるそうです。

ちなみに秋山さん、初めてお金を払って
宇宙に行った人間として
スミソニアン博物館で紹介されているとの事です。
 
ネタ元/KBC ラジオ『パオーン』沢田じいちゃん
posted by 優駿 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒ ト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135577876

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。