2009年12月17日

待ち時間。

先週末、近所のショッピングモールに
1050円で食べ放題のイタリアンビッフェが
オープンしたので家族と一緒に夕食に。
予想以上の行列で、席に座るまでに
どれだけ待てばいいのかイライラ、
子供と私は我慢できずに他の店に行く事を
望んだのですが、家内はどうしても
イタリアンビッフェを譲らず
私達の意見は却下され、45分待って
やっと夕食にありつけました。

本当に女性(内のカミさんだけ?)は
こういう事には男性よりも忍耐強いですね。
このイライラの行列の待ち時間を
事前に予想できる公式があるそうです。
待ち時間を割り出す『リトルの公式』を
使えばある程度の時間を計算できるそうです。

その公式は
行列の総人数÷行列に加わる人数で
算出するというもので、例えば
20人の行列に1分間当たり4人が
新たに加わる場合、待ち時間は
20÷4=5分 待ち時間は5分という訳です。
この公式、記者がディズニーランドの
アトラクションや人気ラーメン店、デパ地下、
人気洋菓子店、ATM等で実際に実験した所、
その誤差の少なさに驚く程だったらしいです。

大まかな目安にはなりそうですよ。
但し、この公式が成り立つ条件として
大切なのは“列の長さが変わらない事”
時間の経過によって列の長さが変化する
行列には当てはまらないそうです。

これから行列に並ぶような事があったら
難しい計算ではないので、リトルの公式で
待ち時間を正しいかどうか、計算してみるのも
いい時間潰しとイライラ解消になるかもしれませんね。

ネタ元/日本経済新聞 別刷 ニッケイプラス1
    「とことん試します」 
posted by 優駿 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。