2009年12月26日

チャック全開で紅白の舞台に登場した歌手。

先日、大晦日の紅白歌合戦の
曲目が発表されました。
初出場の『嵐』は約4分という
異例の長さでヒット曲をメドレー方式で
歌うそうですね。
紅白歌合戦は長丁場を生で
放送していく番組なので過去には
色々なエピソードが残っているようです。

1974年 第25回大会では
あの大物歌手が大トリでステージに
登場してズボンのチャック全開で
歌を披露したことがあるそうです。

このチャック全開で登場したのは
「森進一」さんです。
この年、大ヒットした「襟裳岬」で
日本レコード大賞を受賞すると
その足でNHKホールに大急ぎで
駆け込んで、興奮冷めやらぬ間に
「森進一」さんの出番となったそうです。
それで緊張と慌ただしさの中で
ステージに上がったところ、
ズボンのチャックが開いたままに
なっていたそうです。
黒い燕尾服を着ていたけど、
股間からは真っ白なシャツが
ベロンと出ていたそうです。
ワンコーラスを歌い終えるや
それに気がついた白組歌手陣が
森さんを取り囲んで
『おい、チャックが開いてるぞ!!』と
教えてもらって、2コーラス目から
通常モードにもどって、事なきを
得たらしいです。

この『森進一』さん
1968年に「花と蝶」で初出場して以来、
42回の連続出場を更新中だそうです。
そして、今年はその初出場に歌った
「花と蝶」を披露するそうです。
『森進一』が登場したら
この話、家族の皆さんに話してみては
いかがでしょうか?
場がきっと盛り上がりますよ。

ネタ元/日刊スポーツ
posted by 優駿 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒ ト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。