2010年02月22日

猫の日 猫の聴力を知る。


今日、平成22年の2月22日は、
ニャン ニャン ニャン ニャンで
『猫の日』という事でラジオで一日中、
猫が話題となっていました。
『猫の日』選定委員会が、
1987年に制定したそうです。
そういうわけで今日もまた猫の話を
一つ書き置きます。

猫の臭いをかぐ能力は
犬の1/5と言われているそうで
それでも人間の5倍の嗅覚を持っており
地球上にある40万〜50万の臭いを
かなりの精度で識別しているとの事。
食べ物が食べられるものかどうかも
臭いで判断するそうです。
驚くべきは聴覚で、猫は耳以外でも
音を聞く事が出来るそうです。

耳以外で音を感じることができる場所、
それは足の裏の肉球だそうで、
他にも前足の足首にある毛でも
空気の振動を感知しているそうです。

このように猫の聴力が発達したのは、
夜間に待ち伏せ型の狩りをするのに
進化の過程で適応したものらしいです。

それから猫の耳は片方ずつ
別々に動かす事が出来、異なる方向の音を
聞き分ける事が出来るそうで
指向性が高く、音源の場所をかなり正確に
特定する事が出来るらしいです。
音の聞き分けの能力も高く、例えば
飼い主が帰って来た足音を判別する事等は
簡単にやっているそうです。

恐るべし『ニャン ニャン ニャン』

参考:KBCラジオ『パオーン』沢田じいちゃん
posted by 優駿 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | いき物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141933990

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。