2009年12月19日

三段重ねの雪だるま。

前回のブログの雪合戦の続きです。

雪が降った時のお楽しみはと言えば
雪合戦、そして『雪だるま』でしたね。
小さな雪玉を転がして段々大きくして
ある程度大きくなったら、二つに重ねて
完成となるのですが、
欧米の『雪だるま』は、何と!!
三段重ねのようです。
日本の『雪だるま』は、名前の通り
禅宗の達磨大師が胡坐をかいている姿が
モデルなので、『雪だるま』の上の部分は
頭の部分、そして下の部分は足など、
腰から下の部分が胴体と一体化した
雪玉の二つで作られますが、
欧米の『雪だるま』にあたる
「スノーマン」は、人間を模して
作られるので、頭の部分、胴体の部分、
そして足の部分の3つの雪玉で
作られるそうです。

中々、ここ北九州は雪が積もりませんが
今度、雪が積もったら、3段重ねの
雪だるまをチビ達と一緒に作ってみますか♪
これは目立ちますよー o(^▽^)o

そして、“何で3段重ね?”と尋ねられたら、
理由を教えてあげる事にします。

ネタ元/ウィキペディア「雪だるま」


posted by 優駿 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

想像を絶するダイヤモンド。

太陽光を利用した発電システムを
ソーラーシステムと言いますが、
このソーラーというのは
ローマ神話の太陽神『ソル』から
取られているとの事です。

ところでこの太陽の寿命は110億年と
考えられているそうです。
現在既に46億年が経過していると言われています。
110億年後、太陽が寿命を迎え
燃え尽きた後にはどうなるかというと
現在、有力な説によると
高圧力で圧縮された炭素になって
超巨大なダイヤモンドになると
言われているそうです。
その時には人類は多分いないでしょうけど
ヘリウムが燃え尽きていく時には、
炭素が生産されていくわけですが、
この炭素が太陽のコアの圧縮によって
ダイアモンドに変貌する可能性が高いそうです。
実際に宇宙には燃え尽きて
ダイヤモンドになってしまった星が
いくつか確認されているそうです。
世界最大のダイヤの原石は3000カラット。
宇宙で発見されたダイヤモンドの大きさは
10の33乗カラット!!と言われているのだそう。
10の33乗… って、
全然大きすぎてイメージできませんよね。
ちょっと分かりやすく言うと
何と月が丸まんま1個入ってしまう大きさの
ダイヤモンドになるそうです。

太陽が燃え尽きた時には
どれ位の巨大なダイヤモンドになるのか
興味は尽きませんが、太陽がなくなるという事は
太陽系自体が消滅することでしょうから
人類はもうすでにいなくなっているんでしょうね。

ネタ元/KBC ラジオ『パオーン』沢田じいちゃん
posted by 優駿 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

宇宙ビール、6本1万円。


サッポロビールが、宇宙で低温保存した
大麦の子孫を使ったビール『サッポロ
スペースバーレイ』を世界初で抽選販売
したそうですね。

サッポロが開発した大麦「はるな二条」の
種子を国際宇宙ステーションで
5ヶ月間保存した子孫の大麦を
原料に用い製造したビールとの事です。
将来、宇宙空間で過ごす時間が増え、
宇宙遊泳後に冷たいビールを…
という人が出てくることを想定して
開発されたらしいですが、
先の長い話ですね。
それとも宇宙ステーションなんかでは
ビール等のアルコール類を飲めるんですかね?

大麦は過酷な環境でも生育するので
宇宙で栽培するのに適しているらしいです。
しかし、今回発売されたこのビール、
宇宙で製造されたわけでも、
宇宙で育った原料で作ったわけでもないのに
『宇宙ビール』と呼ぶには
“ちょっとねー”と疑問を抱くのは
私だけでしょうか?
このビール、330ml入り瓶6本のセットが
1万円だそうです。
えぇー!! 私は値段の方にビックリしました。

ネタ元/朝日新聞
posted by 優駿 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

ブタちゃん貯金箱。

ブタの貯金箱
ウチにも古い人形ケースの隠れたところに
陶器でできた奴が一匹いました。
動物だったらもっと可愛い熊やパンだの貯金箱が
あって良さそうなのに、なんで動物の貯金箱といえば
ブタが定番なんでしょうね。

その理由は元々は、
イギリスの駄洒落から生まれたそうです。
18世紀のイギリスではほとんどの食器は
イングランド地方でとれる土で作られていたそうです。

その時代、人々はその土で作られた
深い壷に小銭を入れて
貯金箱代わりにしていたのですが、
実はこの土が「ピッグ」と呼ばれていた土で
それで作られた貯金壷をピッグジャーと呼んでいたそうで
す。
そこである人が受け狙いで「ピッグ」という名前なので
ピッグで作ったピッグとしてブタの形にしたものを作ったところ
これが大ヒット!!  かくてブタの貯金箱が誕生したそうです。

そういえばこの時期、蚊取り線香を入れる奴、
名前は何と言うんでしょうか解かりませんが、
あれもブタちゃんが定番ですよね。 

体系がモノを入れるカタチに適しているんでしょうね。
ブタちゃん体系のどこかの誰かも
モノを入れるカタチに適しているからと
パクパク、パクパクとそう体に詰め込みなさんな♪


ネタ元/KBCラジオ 「パオーン」沢田じいちゃん
posted by 優駿 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

トマトを小さくした訳。

今日の家の夕飯のおかずはミンチカツと
ミニトマトをお皿の回りに配した
野菜サラダでした。緑の盛の回りの
小さな赤いミニトマト。
家の狭い食卓の邪魔にならずに
愛らしいもんですね。
そこで以前聞いたミニトマトの面白い話を少々。

今ではお馴染みのミニトマトですが、
ミニトマトは元々アメリカで
飛行機の機内食用に
開発されたものだそうです。
開発された当初は
今より少し大きめだったそうですが、
それをさらに小さくしたのが
日本人だそうです。
機内食で出た小さなトマトが
美味しかったので、その種を持ち帰って、
日本産のトマトとかけ合わせて
作ったのが今の大きさのミニトマトなんだそうです。
何でもやりますねぇー、さすが日本人。

ミニトマトが一般に普及したのが
今から約20年前、1980年代で
可愛くて食べやすいと人気が出て
今では全部のトマトの10%の
シェアを占める人気者になったそうです。

今ではオードブルなんかでは必須の食材ですが、
そう言えば、私達の子供の頃なんかは
ミニトマトなんか無かったです。
改めて記憶を辿ると
意外と最近の野菜だったんですね。

ネタ元/KBCラジオ『パオーン』沢田じいちゃん

posted by 優駿 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

日を読むモノ。

今朝ののカレンダーの続きです。
カレンダー 日本語でいうと
『暦(こよみ)』と言いますが
これは本来『かよみ』と言われていたそうです。
『かよみ』の『か』というのは、
二日(ふつか)、三日(みっか)、四日(よっか) とか
言うときの『か』だそうで、
いわゆる『日』の事で
この『日』読む、数えるという事で『かよみ』。
これが段々と時代と共に暦『こよみ』に
変化していったという事です。
今年も残るところ、3ヵ月半。
あっという間もないですね。

前回のブログの『ジャネーの法則』で言えば
私の歳だと、10歳の子供の5倍のスピードで
時が経過しているんですよね。
あぁ〜、恐ろしや。
「もっと時間を大切に」とは思うものの
無駄にしている時間の多き事…
反省しきりです。

ネタ元/KBCラジオ「パオーン」沢田じいちゃん
posted by 優駿 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

昔、東京にもあった『東京ディズニーランド』

千葉の東京ディズニーランド。
修学旅行の行く先.1という事は
前回のブログに書き置きました。

この東京ディズニーランドは1983年に
千葉県にオープンしたテーマパークです。
アジアで初めてのテーマパークだったんですが、
実はそれよりも前に、東京の三越の屋上に
東京ディズニーランドがあったそうですよ!!exclamation×2
1957年(昭和32年)
東京の三越日本橋店の屋上に   
こどもの夢の国、楽しい『ディズニーランド』という
遊園地があったそうです。
これはもちろん、アメリカのディズニーと
ちゃんと契約したもので、
期間限定の営業だったそうですが、
メリーゴーランドとかシンデレラ城等も
設置されていたそうです。
今の東京ディズニーリゾートは
千葉県にあるんですが、昔は期間限定とはいえ
東京ディズニーランドがキチンと
東京都内に有った時があったんですね。

ネタ元/KBCラジオ『パオーン』沢田じいちゃん

posted by 優駿 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

今では見れないコーヒー牛乳。

コーラやサイダー等の清涼飲料水の事を
全部まとめて一般にはジュースと
呼んだりしますが、厳密には
100%果汁の飲み物しかジュースと
呼べないらしいですよ。

ジュースのパッケージにも
厳しいルールがあるそうですよ。
果物の切り口や果汁が滴っている絵を
載せていいのは、
果汁100%のジュースだけなんだそうです。
それ以外の飲み物は
果実の絵が描かれていても
切り口等は描いてはいけない事に
なっているそうです。

ジュースと同じように牛乳も
100%の牛乳以外は商品名に
牛乳と書いてはいけない事に
なっており、そのために現在は
コーヒー牛乳という商品名で販売することが
出来なくなっているんだそうです。
ですから現在は、コーヒー入り乳飲料となって
実際の商品名にはミルクコーヒーとか
カフェオーレ、カフェラテ等と
付けられて販売されているそうです。
あのォー、おじさん、カフェオーレとカフェラテの
違いがよく解らないんですけど…

ネタ元/KBCラジオ『パオーン』沢田じいちゃん
posted by 優駿 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

シャンプー 今昔。

今朝のブログに続いて髪の話です。
昨今では『冷やしシャンプー』
略して『冷シャン』なるものが
あるらしいですね。
シャンプーをワインセラーに入れて
冷たくしたもんだったり、
カクテルシャンプーやカキ氷シャンプー、
更にはソフトクリームシャンプーだとか
多彩なバリエーションがあるようです。
ラジオ番組で体験レポートをやっていましたが
爽快感+クール+αで中々気持良さそうでした。
残暑厳しい折、私もいっちょ、
家のシャンプーを冷蔵庫で冷やして
冷シャン 試してみましょうかね。

ところでシャンプーなんか無かった昔の人は
どんなふうに髪の毛を洗っていたんでしょうネ。
江戸時代…
江戸の人は1日に2回もお風呂に入るほどの
お風呂好きだったそうですが
今で言うシャンプー 洗髪は
1か月に1〜2回位だったそうです。
当時は当然シャンプーやリンスもありませんので
髪を洗う時は米のとき汁や卵の白身、お茶、
煮物の時に出る灰汁を使っていたそうです。
ウゥ〜ン…、お茶だったらまだ良いけど、
灰汁は遠慮しときます!!!

平安時代…
そして更に時代は遡って平安時代。
教科書に載っていた絵巻物などにこの時代の
髪の長い女性が描かれていましたねぇ。
あんなに長い髪なのに
平安時代、宮中で暮らす女性が髪を洗うのは
年に1〜2回だったと言われているそうです。
俳句や短歌では「髪洗う」は
夏の季語となっているそうです。
源氏物語の中には旧10月は
「いかでかわとて」と書かれているそうですが
これは9月と10月は髪の毛を洗う事が
禁止されているという意味なんだそうです。
髪に毛を洗ってはいけない月が
決められており9月、10月だけではなく、
春先の4月、5月という春分 秋分の時期は
髪の毛を洗ってはいけなかったそうです。

ネタ元/NHKラジオ「世の中面白研究所」
    kbcラジオ「パオーン」
posted by 優駿 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

信じられない当選番号。

昨日、9月2日は宝くじの日だったそうです。
昭和42年に決められたそうですが
当選しても当選金を受取らない
事故当選金を少しでも減らそうと
語呂あわせで「9・2 クジ」の日になったそうです。

現在の宝くじの番号は、
100,000番から199,999番迄の10万通りが
1組となって発売されているわけですが、
過去には本当!! Σ(~∀~||;) というような
面白い並び方をした番号が
当選した事があるそうです。

全国自治宝くじ 第97回の
1等の当選番号が、123,456番と
数字がきれいに並んだ事もあるそうです。
他にも地方の宝くじでは
100001が1等だったり、
192192 イイクジ イイクジの番号で
300万が当選だったり、
また194194 イクヨイクヨのごろで
100万円が当たったりしているそうです。

関西地方で発売された宝くじ
「近畿の第1366回」の1等 1000万円の
当選番号は 9組の111111で
何とズラリ1が並んで
1等賞という事があったそうです。
偶然にしては、凄い並びです。
絶対当りそうにない番号ですけどね。
日本宝くじ協会によると
昨年度の賞金100万円以上の当選番号は
689個だそうです。
多いのか、少ないのか?

宝くじの売上げの55%は国が
ピンハネしているそうですから
そんな事を考えたら
少ないような気もしますがね…

ネタ元/KBCラジオ『パオーン』
    沢田じいちゃん
posted by 優駿 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

『一丁』

夏休み最後の日曜日、
子どもと一緒に小旅行をした帰り
豆腐が旨いという手作り豆腐の店に寄りました。
お豆腐を一丁と揚げを買ったんですが
この豆腐一丁がえらくデカイ。
普通スーパーで買う大きさを
イメージしていたので   (ノ゚ο゚)ノ
2倍近くもあろうかという大きさにびっくり!!
「同じ一丁なのに全然違うねー」と子供たちも
いつもちがう豆腐の大きさに興味深々でした。

豆腐「一丁」のサイズには特に規定がないそうです。
大体、一丁が300〜400gが多いそうですが
都市では小さく、田舎ほど大きい傾向だそうです。

更にこの「丁」の話。
「ヘイ!! ラーメン一丁お待ち!!」の『丁』、
豆腐や拳銃を数える際の『丁』と
「いっちょ、頑張るか!!」の『いっちょ』
「パンツいっちょでウロウロするな!!」の
『いっちょ』は同じ言葉らしいですよ。
1丁が訛って『いっちょ』になったらしいです。
この『丁』という言葉には単位の他に景気づけや
思い切って何かをするという意味があるそうです。
ラーメン屋さんでも店員が「ラーメン一丁!!」と
厨房に向かって勢いよく伝えるお店はそれだけで
旨そうな気がしますもんね!
「ラーメン一杯!!」や「ラーメン一つ」じゃ
やっぱ、勢いが足りませんものね。

ネタ元:日本経済新聞 別刷 『ニッケイプラス1』

posted by 優駿 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

ヘビのとぐろがヒントになったコレ。

最近、涼しくなって蚊も
めっきり少なくなったきたようですが、
その分、たまに刺されると異状にかゆい気がします。
この蚊を殺す殺虫剤、噴射するのやら、
煙が出ないのやら、凍らせるのやら
最近色々な物がありますね。
我が家では、昔から変わらず
あの緑で渦巻き方の蚊取り線香を使っています。
どうもあの煙がたなびく姿が、
郷愁をおびていますし、あの煙がキチンと蚊を
退治してくれているようでもあります。
実はこの渦巻き型、
ヘビのとぐろがヒントになったようですよ。

蚊取り線香の発案者は、
現在『金鳥』で知られる大日本除虫菊の
創業者である上山英一郎氏です。
彼が和歌山県出身という事もあり、
蚊取り線香の産地は和歌山県なんだそうです。
開発当初は仏壇の線香からヒントを得て
持続時間1時間位の
棒状の蚊取り線香だったのらしいですが、
1895年 ある時、
家の蔵にいた英一郎氏の奥さんが
蔵の中でとぐろを巻いているヘビを見つけ
びっくりして、夫の元へ駆けつけて
ヘビのとぐろの話をしたそうです
それが、今の蚊取り線香のカタチになる
キッカケになったらしいです。
1902年に日本で初めての渦巻き型蚊取り線香が
発売になったそうです。
それまでの棒状の蚊取り線香より持続時間が
飛躍的に伸び、現在の蚊取り線香は
最大7時間も持続するそうです。
ちなみにこの渦巻きをまっすぐに
引き伸ばしてみると75pもあるそうですよ。
それから、蚊取り線香から出ているあの煙が
蚊を殺しているのかと思っていましたが、
実は煙自体には殺虫効果はなく、
赤く燃えている部分の手前の
高温で揮発している化学物質に
殺虫効果があるそうです。

参考:KBCラジオ「パオーン」ラブ子さん
   ウィキペディア「蚊取線香」
posted by 優駿 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

金メダル。

ベルリン 世界陸上 盛り上がりましたねぇー
特に人類最速の男 『ウサイン ボルト』
凄い!凄い!! 圧巻でしたね。
100m 200m そして400mリレーの3冠を達成して
3つの金メダルを獲得しました。

やっぱり金メダルの価値は
他のメダルに比べて全然違う扱いですね。
オリンピック等でも何よりまずは
各国の金メダルの数が競われます。
他のメダルと格が違うこの金メダルの正体は、
実は本当は銀メダルだそうですよ。
銀メダル、銅メダルは純粋な銀と銅が
使用されているそうですが、
金メダルは、オリンピック憲章で
「純度92.5%の銀メダルに、6g以上の
純金でメッキ」と定められているそうです。
すなわち、メッキを剥がした金メダルの正体は
銀メダルという事なんだそうです。

ちなみにノーベル賞のメダルは
純金の金メダルだそうです。

ネタ元/日本経済新聞

posted by 優駿 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

大好きな「ビキニ」

せっかく梅雨が明けたというのに
いきなり台風で、今年の夏は
どうなってんの?
いつもの夏だと海水浴場には
私の大好きな『ビキニ』のお姉さんが
颯爽と登場している時期なのに…

「ビキニ」は何で『ビキニ』なの?

「ビキニ」は1930年頃登場し、
その当時はツーピース水着と
呼ばれていたそうです。
それが1946年、ハワイのビキニ環礁で
戦後初の原爆実験が行われたことから
破壊力がある水着、
人々を驚かせる水着という意味で
「ビキニ」と名付けられたそうです。
そもそも海水浴が始まったのは、
19世紀のヨーロッパだそうですが
その当時の水着は普段着と変わらない
モノだったらしく、
シャツとスカート、そしてもんぺのような
ズボンを着て、海水浴をしていたそうです。
服が体にまとわりついて、
さぞ泳ぎにくかったでしょうね。

現在のような水着に変わっていったのは
「オリンピック」がきっかけです。
水泳が競技として認められたのは
1896年のアテネオリンピック。
これからスピードが出るように
水の抵抗を無くすため体のラインに
ピッタリした水着が開発されて、
それが広まっていったということです。
さすがに「ビキニ」はスピードを出すために
開発されたんではないでしょうけどね。
本当にいいものを開発してくれましたね。

ネタ元/KBCラジオ『パオーン』沢田じいちゃん
posted by 優駿 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

カップヌードル 容器で挑んだ世界戦略!

たまに食べると美味しいですね。
「カップヌードル」 ウチのちび達も大好きです。
日本が生んだ世界に誇れるモノの一つだと思います。

日清食品の当時の社長 安藤百福さんは
昭和33年にチキンラーメンが発売されると
時を得ず すぐに将来のインスタントラーメンの
国際化を目指して、その可能性を求めて
欧米を旅したそうです。
先見の明というか 凄い行動力!!

日本を始め東アジアの国々は『箸の文化圏』
それに比べ欧米諸国は『フォークの文化圏』
この欧米諸国の人々にも受け入れられるためには
箸ではなくフォークでラーメンを
食べられるようにしなくてはならない
そして容器もドンブリじゃだめだ。
どんぶりに替わるモノは何かないか?
いろいろ思案しながら欧米を視察したんでしょうね。
そして、はっきりした答えを見出さないまま
帰りの飛行機に乗り込んだところ、
機内で出された紙とアルミ箔で作られた
容器に入ったマカデミアナッツを見て
安藤百福社長 閃いた 『これだーっ』
と言ったかどうかは解からないけど…
とにかく大きなヒントにはなったそうです。
そういうわけで今も変わらぬ
カップヌードルのあの筒状の形が
生まれたそうです。

そして今度は中身の開発に試行錯誤を重ね
カップヌードルは世界で初めての
カップラーメンとして、
日清食品から昭和46年この世に登場したのです。
この中身の開発については
随分前になりますが
NHKの『プロジェクト]』という番組で
日清食品の安藤百福社長と若き技術者が
食品加工技術の限界に挑み、
カップめんを誕生させた感動の物語
『魔法のラーメン 82億食の奇跡』を
今でも思い出します。
1日に何十食も試食を重ね
理想の麺を追い求める若き技術者の姿、
日本人の大好きな卵焼きとエビをどんなふうに
見た目良くカップめんの中に入れるのか奮闘する
安藤百福社長と若き技術者達。
本当に心を打たれた番組でした。

ネタ元/スズキ ハッピーモーニング
    鈴木杏樹の『いってらっしゃーい』
    NHKテレビ 『プロジェクト]』
posted by 優駿 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

傘。忘れられたその先。

話は昨日の続きですが、
駅の忘れ物の不動のbP『傘』
JRの調べによると
東京駅では1日になんと300本の
傘の忘れ物が届くそうです。
阪駅では1日に100本。
札幌70本 博多110本らしいです。
全国では一雨3000本と言われるほど
傘が忘れられているんですねぇ。
上の数字で面白いのは、
東京駅よりも乗降客が多い大阪駅の
傘の忘れ物の方が逆に少なく
東京の1/3ほどしかないんですね。

ある大阪人の見解によれば、
この忘れ物の数字は
あくまでも届けられた数字だから
大阪人が忘れ物をしないという事よりも
忘れられた傘を大阪人は届けるというような
間接的な事をしないで、自分で持って帰り
再利用しているので、この数字じゃないかと
想像していました。
一言で言えば『遺失物横領』ってことね。
            (´_`。)
この忘れられた傘 全体の0.3%弱、
1000人に3人位しか
元の持ち主にもどっていないそうです。
約95%は傘を拾って届けた人に
一定期間を経過した後に
引き渡されているそうです。

それと中国では駅の忘れ物のbPは
意外に『カメラ』だそうです。
これも昨日、ブログに書いたような
中国のお国事情があるんでしょうね。

参考:【WEB】ライブドア 天気情報『豆知識』
All about

posted by 優駿 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

傘。どれだけ売れてるの?

7月も終わろうかというのに
九州地方は中々梅雨明けしません。
雨といえば傘、この傘
どれくらいの傘が売れているんでしょうね。
雨
何と1年間で1億3000万本もの傘が
国内で売れているそうですよ。
人口のほとんどが1年間に1本、傘を
買っている計算ですね。
その内、1億本は中国や台湾、
東南アジアからの輸入品だそうです。

この消費量は日本より人口が多い
アメリカや中国等の諸国を押さえて
世界でもダントツ1位だそうです。

決して日本より雨量が少ないわけではない
ニューヨークの人達は多少の雨では
傘をささずに平気で濡れているそうです。
日本より少し雨が少ない北京では、
傘より雨合羽を着ている人が多いらしいです。
やっぱり自転車に乗っている人が多いので、
傘より合羽の方が使い勝手がいいんですかね。
それと傘といえば駅の忘れ物の
代表みたいな観が有りますが、
その辺のところも気になるところですね。
長くなるので続きはまた明日に…。

参考:【WEB】goo 天気情報 豆知識
        ライブドア 天気情報『豆知識』
        エキサイトニュース
posted by 優駿 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。