2009年12月25日

リモコンの電池の残量は携帯で確認。

年末に近づき各局とも特別番組が
目白押しであっちのチャンネルを見たり
こっちのチャンネルを見たりで、
テレビのリモコンが大活躍です。

このリモコンも電池がなくなってくると
チャンネルを変えられなくなったり、
電源をオフにできなくなったりしますね。
リモコンの裏を手でパンパンと
叩いたりすると不思議なもので
一時的に直ったりするんですよね。

このリモコンの電池の変え時が
中々わからないものです。 
そこでテレビやオーディオ等のリモコンの
電池の残量を知る裏技です。
テレビのリモコンの電池の消耗度は
携帯電話を使って知る事が出来るそうです。

まず携帯電話をカメラモードにして
カメラのレンズにリモコンの先っぽを向けて
リモコンのボタンを押してみて下さい。
そうして、カメラの画面を見てください。
リモコンがピカッと光っているのが
確認できると思います。
ピカッと光ったら電池が十分残っていますが、
もし、少ししか光っていなければ残量が
残っていないという事だそうです。
光の大きさで残量がわかるという事です。

これは赤外線は人間の目で見えないのですが
携帯電話のモニターには、
しっかり、その光線が写るんですね。
これを利用してリモコンの電池の残量が
分かるという訳です。

子供に教えてやったら、『何で、何で』と
面白がっていましたので、
科学の勉強? にもなるかと思いますので、
一度、お試し下さい。

ネタ元/KBCラジオ「パオーン」沢田じいちゃん
posted by 優駿 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 叡智 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

1÷3×3=

突然ですが、
1÷3×3= 答えは?
もちろん答えは1ですが、
これを電卓で計算してみて下さい。
0.99999999… となり決して
1にはなりません。

このように単純な計算なのに電卓では、
対応できない盲点があるようです。
この現象を『コンピューターの誤差』と
呼ぶのらしいです。

このような誤差が生じるので、
コンピューターで何度も
繰り返す複雑な計算などは、
必ず正しいかチェックする必要が
あるのだそうです。

例えば、パイや餃子の皮、そば・うどん等を
作るときに生地を薄く伸ばして、
何度も折り畳む映像を見にした事が
あると思いますが、この伸ばしていく
生地上のある点がどう動くかを
コンピューターで算出すると
誤差が生じて、コンピューターの弱点が
露呈してしまうそうです。
『パイこね変換』と言って誤差の代表例と
されてる計算だそうです。
(そんなのが計算できるの!!)

コンピューターは0と1の2進法だから
10進法の少数等を2進法に変換すると
かなり多くの桁数が必要になり
コンピューター内の格納場所内で
納めるには限度があって、
全てを厳密に変換しきれずに誤差が生じ
これが繰り返され、増幅されると計算が
破綻してしまうのだそうです。

デジタルである限り、回避できない死角が
コンピューターにもあるそうです。

何か難しい話でしたが、
コンピューターも決して
万能ではないと知ると
人として少し
『ほっ』o(^-^)oとした気になるのは
私だけでしょうか?

参考:日本経済新聞 『裏読 WAVE』
posted by 優駿 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 叡智 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

宝くじで建てた世界遺産。

先日、年末ジャンボ宝くじが発売されましたね。
宝くじの収益金は色々な所で
お役に立っているようですが、
何と、フランスのルーブル美術館の建築費は
宝くじで資金調達されたらしいです。

フランスは国営の宝くじを世界で初めて
行った国なんだそう。
16世紀 フランソワT世という国王がいて
その国王が戦争好きだったそうです。
1529年のノビアの戦いで敗れて
フランソワT世は捕虜として
捕まってしまったそうです。
パリ市民はフランソワT世を
助けたいという事で、
保釈金を集めてパリで
暮らせるように要求したそうです。
しかし戦争に負けてしまったフランスは
宮殿を建てる資金がなくて
そこで思いついたのが宝くじだったそうです。
この宝くじの資金調達は成功し、
見事なルーヴル宮殿を建てて、その後に
ルーヴル美術館になったという事です。
元々王様が住んでいた宮殿が
ルーヴル美術館に変貌を遂げたという事です。
 
以前、SONYプレゼンツ 「世界遺産」で
『ルーヴル美術館』見ましたが、
芸術・美術品はもちろん
建物から庭園から装飾調度品から
何から何まで本当に素晴らしいですね。
死ぬまでに一度でも行ってみたい所の
憧れの場所の一つですね。
posted by 優駿 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 叡智 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

自動販売機

自動販売機。
生活の一場面に頻繁に登場しますよね。
私も毎日、外回りの途中でお世話になります。

自販機で売られているものと言えば、
お馴染みのドリンク類、たばこ、切符、入場券、
他にもお米、卵、納豆、おでん、新聞、雑誌
CD,DVD、更に花、下着なんかも
売っているものがあるそうです。
 
そんな自販機のお金を入れる所の穴のカタチ、
縦型と横型の2つが有りますよね。
それはその自販機の前に人が並ぶか
並ばないかで決められている?という話です。

人が並ぶような自販機の場合、
とにかく早く前の人が
買い終わってほしいですよね。
そのような所にある自販機のお金を入れる所は
縦型なんだそうです。しかし人が並ばない場合は
大体横型なんだそうです。
これは縦型だと入れられたコインが
コロコロと転がって素早く識別装置に入って
早く商品が買える訳ですが、
横型は滑りながら落ちて行くから
縦型よりも抵抗があるので
識別装置に入るのが遅くなるそうです。
だから人が並ぶような自販機の場合は
縦型が多いという訳です。
しかし、ドリンクの自販機は
横型が多いそうです。
実は縦型には識別装置のスペースが
大きくなってしまうという
欠点があるそうです。
それだけ早く識別できる装置となると、
装置も複雑となるので、その結果
自販機自体のサイズが
大きくなってしまうそうです。
横型にするとコンパクトに納まるために
ドリンクの自販機はなるべく
スリムなデザインで狭い所にも
自販機を設置させるために
横型を採用しているとの事です。

毎日何気なく、100円玉を入れる穴
そんな事、考えもしませんでしたが
面白いものですね。

自販機の穴のカタチは販売商品や利用者に
合わせて緻密に考え抜かれているんですね。
 
参考:KBCラジオ『パオーン』沢田じいちゃん

posted by 優駿 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 叡智 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

ピーナッツでコーヒー。

マックのメニューには昔から
スマイル0円というのがありますね。
ところが最近では、時間制限はあるものの
コーヒーまで0円!!で
販売されるようになったそうですね。

コーヒーは世界で最も多くの国で
飲まれているモノで石油に次いで
貿易規模が大きいモノなんだそうです。
このコーヒー、コーヒー豆で淹れるから
コーヒーなんでしょうけど、
コーヒー豆以外のモノでも
淹れられるそうですよ。
これは代用コーヒーと言われるもので、
ピーナッツ、ごぼう、ジャガイモ、
サクラの根っこ、南瓜の種、ブドウの種、
どんぐり、とうもろこし、そして、
パンの耳なんかでもコーヒーが
淹れられるそうです。


この代用コーヒーは1700年代の
ドイツで生まれたそうです。
この時代、戦争であれた領土を復興させれる為、
外貨を獲得する必要があったんですが、
コーヒー豆を生産する植民地を
持っていなかったドイツはコーヒー豆を買う為、
お金が海外に流出してしまったそうです。
それで国が『コーヒー禁止令』を
出してしまったそうです。

そんな中で庶民が考え出したのが、
代用コーヒーだったというわけです。
ピーナッツを炒って、粉末にして
お湯を注いで飲んでいたそうです。
しかし、これは薄ーいコーヒーで
ほとんどカフェインを含んでいない為、
コーヒー通には物足りなかったそうです。

しかしながら現在では、
健康志向も手伝って、
カフェインをとる事を

避けている人たちが、コーヒーの代わりに
飲んでいる場合もあるそうです。

参考:KBCラジオ『パオーン』沢田じいちゃん
posted by 優駿 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 叡智 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

傾くぞー。

マレーシアにある
1988年に完成したペトロナス・ツインタワーは
20世紀の高層建築としては最も高い452m、
88階建ての2本の高層ビルです。
現在完成しているビルとしては、
台湾の台北国際金融センタービルに
世界一の座を譲り渡してしまったんですが、
二本の高層ビルからなるツインタワーとしては
依然として世界一の高さだそうです。

この二本の高層ビルですが、
一本ずつ別々の国の建設会社が
建設を担当したそうです。
ですから見た目は同じでも
建設技術の差があるそうです。
二本のビルの内、片方のビルは
建設から徐々に傾いているそうです。

2007年に国立マレーシア大学の
建築研究チームが調べたそうですが、
二つのタワーの内、一つのビルは建設から
0.8p傾いているそうです。
このままでは最大4〜5p傾く事も
あり得るという調査結果が出たそうです。

マレーシアはあまり地震がない国とはいえ
傾いている方のビルの方は、
テナントが少ないそうで、、
夜はキレイに二本のビルが
ライトアップされるのですが
昼間にテナントの明かりが多くついているのは
傾いていない方のビルなので、
地元では昼はシングルタワー、
夜はツインタワーと揶揄されているそうです。

ちなみに傾いていない方のビルの建設を
担当したのは日本の建設会社だったそうです。
さすが日本の技術ですね。
意味もなく胸を張ってしまいますね。
このビル、ネットで調べて
写真を見て思い出しましたが
大部前に観た、ショーン・コネリーと
キャサリン・ゼタジョーンズが出演していた
名前は忘れたけど、泥棒の映画の
舞台になっていたあのビルですね。
ビルの頭の方が特徴的で
マレーシアのモスクに似せて
作られているそうです。

ネタ元/KBCラジオ『パオーン』沢田じいちゃん
posted by 優駿 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 叡智 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

高い、高い、高層ビル。

現在、日本で一番高いビルは、
93年に完成した
「横浜ランドマークタワー」。
地上296mだそうで、
日本で初めて風の荷重を
考えて形や構造を決めて建てられた
超高層ビルらしいです。

ビルの上層部では大型台風並みの風が
吹き付けるそうで、その風を受けて
ビルが揺れるのを軽減するために、
タワーの最上部には
170トンの重りが2基吊ってあり、
ビルの揺れを振り子の原理で相殺して
居心地を良くしているそうです。

この日本が誇る「横浜ランドマークタワー」、
世界で何番目に高いかというと
意外に54番目だそうです。
ベスト20にも入っていないんですね。
世界の高層ビル上位3位は、

3位 上海ワールドフィナンシャルセンター
   地上492m 地上101階 完成年2008年
2位 台北101
   地上509m 地上101階 完成年2004年
1位 ブルジュドバイ
   地上818m!!! 地上162階!! 
完成年2009年(今年中完成予定)

凄ェー!!ヽ((◎д◎ ))ゝ 
横浜ランドマークタワーの2倍以上あるぅ〜!!
想像するだけで目が眩みそう…

何でも中東の方では、1000m級の高層ビルの
建設計画が次々とあるそうです。
(但し金融危機の影響で実現不可能か?)
しかし、高層ビルとは全く縁がない
私には「そんなに高いビル建ててどうするの?」
というのが率直な感想ですね。

参考:9/12 日本経済新聞『ニッケイプラス1』
       親子教室
posted by 優駿 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 叡智 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

長い長いレールの長さ。

前々回に引き続いて鉄道ネタです。

世界一の長さの青函トンネル。
青森と函館を結ぶ津軽海峡の
海底100メートルにある長さ53.85キロのトンネルです。
列車で通過するのに約40分もかかるそうです。
1988年に開通して白鳥等の特急列車が運行している
この青函トンネルは、いつか出来るであろう
北海道新幹線も走行出来るように
設計しているそうです。
この長い長いトンネルに使われているレールの長さは
何と1本!!exclamation×2
継ぎ目なしの52キロの長さなんだそうです。
このレールはロングレールとしても世界1なんだそうです
入口から出口までほぼ1本のレールで作られているんですね。

この長いトンネルに対して、逆に日本1短いトンネルは
群馬県のJR吾妻線の岩島駅と
川原湯温泉駅の間にある樽沢トンネルで
その長さはたったの7.2メートルしかなく、
列車で通過するのにかかる時間は0.5秒、
アッという間もなく通り過ぎてしまうそうです。
[映像がYouTubeでみれますよ]
このトンネル、ダム建設の影響で数年で
廃止となるそうです。
機会があればなくなる前に是非、
行ってみたいもんです。

ネタ元/KBCラジオ『パオ〜ンの沢田じいちゃん』
posted by 優駿 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 叡智 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

新幹線『のぞみ』

シルバーウィークも間近に迫り、
渋滞の高速道路は避けて
新幹線で旅行という人も
多いかもしれませんね。

新幹線『のぞみ』は東京から博多まで
現在最速で5時間3分で結んでいるそうですが、
この『のぞみ』の名付け親は、エッセイストの
阿川佐和子さんらしいです。
そうあの「ビートたけしのTVタックル」で
お馴染みの阿川佐和子さんです。

阿川佐和子さんが新型新幹線の
名称決定委員に選ばれて
その選考会に出向いたところ、すでに
「きぼう」「きらら」「エース」「つばめ」等の
名前の候補がいくつかあったそうですが
阿川さん自身は全くアイデアが浮かばなかったので
鉄道好きの阿川さんの父親で
作家の阿川弘之さんから
アドバイスをもらったそうです。
日本の国鉄の列車の名前は歴代全て
大和言葉で付けられてきたという
アドバイスだったそうなんですが、
名前の候補に大和言葉が使われていたのは
『つばめ』しかなくて、委員会の最後に
そのお父さんの言葉とともに有力候補となっていた
『きぼう』を大和言葉にすると『のぞみ』になると
進言したところ、最終的にこの『のぞみ』が
採用される事となったそうです。
そして『つばめ』は後の九州新幹線の名称となり
今はもうすっかり九州新幹線として
定着しています。

ネタ元/KBCラジオ『パオーン』の沢田じいちゃん
posted by 優駿 at 17:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 叡智 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。