2009年12月04日

ペットのキッカケ?!

『生類憐みの令』中学の時に
授業で習ったような…。
時代劇などで見た事がある
『お犬様ー』というアレですよね。

“動物を大切にしましょう”と
過剰に動物を保護する『生類憐みの令』を
出した徳川五代将軍綱吉ですが、
自分の頭に糞を落としたカラスを
殺そうとした事があるそうです。
綱吉が散歩をしていた時の事、
不意に綱吉の頭に
何やら白いモノが落ちてきました。
綱吉が頭を触ってみるとそれは
鳥の糞で、見上げてみると大きなカラスが
空を飛んでいました。そこで綱吉は大激怒!!
お供の者に命じてカラスを捕まえさせ、
殺そうとしました。
しかし、お供の家臣から
『将軍様がこのカラスを殺してしまうと
自ら生類憐みの令を破ってします事になります』と
いさめられ、殺すのは留まったものの
結局、このカラスは新島に島送り、
流罪になってしまったという事です。

この法律はかなり厳しいもので、
適用された第一号は
江戸城の台所を担当していた人で、
台所の井戸に猫が落ちて死んだので
その責任を取らされるカタチで
八丈島に島流しにされたという事です。

それ以後、燕を吹き矢で打った殿様の代理で
家臣が死罪になったり、
活魚の売買を禁止したり、
犬奉行・犬医師等の犬専門の職を置き、
そのために多くの年貢を納めさせたりと
とんでもない法令だったみたいです。
只、この『生類憐みの令』がきっかけで
庶民にも犬を飼う習慣が出来たとする説も
存在しているようです。

ネタ元/ウィキペディア『生類憐みの令』
    KBC ラジオ『パオーン』沢田じいちゃん
posted by 優駿 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒ ト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

無人島生活の本家。

最近は『とったどー!!』のフレーズで
お馴染みの無人島生活。

無人島生活の元祖といえば
昔読んだ、ロビンソン・クルーソーを
かすかに記憶しています。

もちろん、ロビンソン・クルーソーは
小説上の架空の人物ですが、
実はモデルとなった人がいるそうです。

スコットランドの航海士で
アレキサンダー・セルカークという人が
モデルになったと言われているそうです。

セルカークさんは、
1704年に海を航海している途中に
船長とケンカをしてしまって、
南米チリの沖合にあるマス・ア・ティエラ島に
取り残されてしまったそうです。
そして、セルカークさんは、4年4ヶ月もの間、
このマス・ア・ティエラ島で自給自足生活をし、
1709年の2月に海賊船に助けられたそうです。

この島には現在、約600人が住んでおり、
島の名前はロビンソン・クルーソー島と改名されて、
釣りや観光等もできる楽しい島となって
日本からのツアーもあるそうですよ。
このセルカークさんをモデルに
1719年に『ロビンソン漂流記』は
発行されたとの事です。

1992年
高橋大輔さんという日本人の探検家が
この島の調査を始めたそうで、すると
当時の年代に残された、たき火の跡とか
柱の跡等、セルカークの住居跡と
思われる場所を発見したそうです。
実際に4年半、時給自足の生活は
想像できないほど、
大変なものだったんでしょうね。

トム・ハンクスの『キャスト・アウェイ』を
涙しながら、複雑な思いでみたのを思い出しました。

参考:KBCラジオ『パオーン』沢田じいちゃん
   ウィキペディア『ロビンソン・クルーソー』
posted by 優駿 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

宝くじで建てた世界遺産。

先日、年末ジャンボ宝くじが発売されましたね。
宝くじの収益金は色々な所で
お役に立っているようですが、
何と、フランスのルーブル美術館の建築費は
宝くじで資金調達されたらしいです。

フランスは国営の宝くじを世界で初めて
行った国なんだそう。
16世紀 フランソワT世という国王がいて
その国王が戦争好きだったそうです。
1529年のノビアの戦いで敗れて
フランソワT世は捕虜として
捕まってしまったそうです。
パリ市民はフランソワT世を
助けたいという事で、
保釈金を集めてパリで
暮らせるように要求したそうです。
しかし戦争に負けてしまったフランスは
宮殿を建てる資金がなくて
そこで思いついたのが宝くじだったそうです。
この宝くじの資金調達は成功し、
見事なルーヴル宮殿を建てて、その後に
ルーヴル美術館になったという事です。
元々王様が住んでいた宮殿が
ルーヴル美術館に変貌を遂げたという事です。
 
以前、SONYプレゼンツ 「世界遺産」で
『ルーヴル美術館』見ましたが、
芸術・美術品はもちろん
建物から庭園から装飾調度品から
何から何まで本当に素晴らしいですね。
死ぬまでに一度でも行ってみたい所の
憧れの場所の一つですね。
posted by 優駿 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 叡智 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

伝説になったキャッチ。

ラジオドラマ 『君の名は』
私の年代ですとタイトル位しか
聞いた事がないのですが、
それは凄い人気だったそうですね。
日本中の女性を夢中にさせ、
そのラジオドラマが放送されている間は、
女湯がガラガラになるという有名な
伝説まであるそうです。

昭和27年4月10日にスタートして
木曜の8時半から9時までは
女湯がガラガラと言われるほどの
人気を博したそうですが、
実際には、そんな事実は
どこにもなかったそうです。

この話、実は松竹の宣伝マンが
番組をヒットさせるために
考え出した作り話だったそうです。

松竹では映画作りを目前にして、
ここらで一発ヒット飛ばしたいと
宣伝部で案を練っていたところに、
埼玉県の足袋の産地の女工さんが
朝早くから夜遅くまで周囲にうるさいほど
ミシンを踏む音を響かせているのに
この時間になるとパッタリと
ミシンの音を途絶えさせるという
情報が入ってきたそうで、
宣伝部では早速「コレダ!!」
という具合いに話がまとまって
ミシンの音をヒントにして
女湯がガラガラとすり替えて
大衆向けにPRしたそうです。
この作り話のエピソードが先行して
あの伝説が生まれたという事です。

ところで、この『君の名は』の音楽担当は
高校野球の「栄冠は君に輝く」の
国民的作曲家・古関裕而さんだったそうで、
伴奏のハモンドオルガンも
自ら演奏していたそうです。
当時のラジオドラマは生放送だったために
劇中のBGMも古関裕而二さんが即興で
演奏していたらしいです。
毎回毎回、それもシーンに合わせて
即興で演奏していたなんて、凄い!
それこそ本当の伝説ですね。

ネタ元/KBCラジオ「パオーン」沢田じいちゃん
posted by 優駿 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

ドラえもんの声を担当した女優。

『ぼ く ド ラ え もん』と少しシワガレ声で
『ドラえもん』の声マネしている人いますよね。
でもこの声マネ、今のドラえもんではなくて、
大体が初代ドラえもんの
『大山のぶ代』さんの声でやっていますよね。
それだけドラえもんの声といえば、
大山のぶ代さんの声が馴染み深いものと
なっているんですね。
大山のぶ代さんは、
1979年(昭和54年)にテレビアニメが
放送開始されてから平成16年まで
26年間ドラえもんの声を担当していたそうです。
大山のぶ代さんは声優でもありますが
女優さんとしても広く活躍しています。
その他にも料理が得意で
料理研究家としても有名ですよね。
小学館から発行された
「大山のぶ代の面白酒肴」という本は
136万部を売り上げたそうです。
この多彩な活躍をされている
大山のぶ代さんですが、実は…何と!!

あの人気テレビドラマ『太陽にほえろ』の
脚本も担当していたそうですよ。
1975年放送の第129話『今日も町に日が昇る』とか
1978年放送の「年上の女」等、この3年間の内、
5本の作品が大山のぶ代さんの脚本で
ドラマ化されたいるそうです。

俳優座の養成所に「自分にも書かせて欲しい」と
頼んで書いた所、採用になったということで、
女性目線の脚本は「太陽にほえろ」の中では
目立っていたそうです。
その他にも推理クイズ『まごべえ探偵団』の
ドラマ部門の脚本を担当していたそうです。

声優や俳優として活躍する大山のぶ代さんの
知られざるマルチな才能のお話でした。

参考:KBCラジオ『パオーン』沢田じいちゃん

posted by 優駿 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒ ト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカーの神様の逸話。

サッカーの神様とかサッカーの王様とまで
称される元ブラジル代表選手『ペレ』。

襲った強盗がペレさんだと分かるや
何も取らずに退散したとか、
また、ペレの試合を見るために
試合の放送中は戦争が中断したとか、
ペレさんにレッドカードを出した審判が
逆に退場させられたとか。
この他にも色々な面白い逸話が残っているようです。

1954年に14歳でプロデビューして
23年のプロ生活で通算1281ゴール、
これは公式記録として残っているものでは
世界最高記録だそうで、1試合5得点が6回、
4得点が30回、ハットトリック92回、
何と!!1試合で、
最高8得点を取った事もあるそうです。
20世紀の偉大なサッカー選手100人の
第1位にもなった事があるのも頷けます。

こんな偉大なペレさんですが
面白いエピソードも残しているようです。
国民的英雄のペレさんは色々なイベントに
招かれる事も多いのだそうです。
2002年のF1ブラジルグランプリで、
優勝した車がゴールしたときに振られる
チェッカーフラッグを振る役を
任された事が会ったそうですが、
F1の車が余りにも早すぎて、
1位、2位の車が通り過ぎてしまった後で、
慌ててチェッカーフラッグを振った時には、
3位の車だったという珍事があったそうです。
その他にも神様ペレさん、
サッカーワールドカップの優勝の予想が、
ことごとく、外れる事でも有名なんだそうです。
ペレさんが偉大な人だけに
発言も注目されるので、
優勝候補に挙げられると
予想が外れまくるので、
それを嫌がる国も多いということです。
面白いですねー。
ペレさん、今年で69歳を迎えたそうですが、
今でもそれだけ影響力がある人なんですね。

参考:KBCラジオ『パオーン』沢田じいちゃん
posted by 優駿 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

世界で一番食べ残しを捨てる国。

今日、訪問先のお客様の接客室で
見かけた「元気手帳」という小冊子を
待ち時間の間、何気なく読んでいたんですが、
グッと胸を締めつけられた文章が
ありましたので書き置いときます。


全世界を100人の村に縮小すると…
世界には約65億人の人がいます。
もしもそれを100人の村に縮めてみると
村人100人の内、16人は
1年を110万円以上で暮らし
色々なものをたくさん食べています。
その内、2人は日本人で
1年を平均360万円で暮らしています。
43人は1年を64万円で暮らし、
41人は、1年を8万円以下で暮らし、
時々しか食べられません。
その内の12人は、戦争や干ばつや
洪水や砂漠化のために
いつもお腹をすかせています。
 
日本人は世界で一番たくさんの
食べ残しを捨てています。
世界の食糧援助量は、
年に1千万トンです。
私達が捨てる食べ残しは、
年に2千万トン以上です。

…考えさせられますね。
帰宅して夕食の際、早速、小3と
小5の子供にこの話をしたのですが、
毎日、当たり前のように
3食、食べられている事の
有難さを少しは解かって
くれたのでしょうか?
表情を見る限りでは
大いに疑問は残りましたが…

この文章の参考は、マガジンハウスの
『世界がもし100人の村だったら』からの
抜粋のようです。
posted by 優駿 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

10時10分前後。

日本初のCMは「精工舎」服部時計店、
あの時計の「セイコー」だったらしいですよ。
何でもスタッフが機械に不慣れで、
フィルムが裏返しになっていたため
音無しで30秒間放送されてそうです。
今では、時計のCMはほとんど目に
しなくなりましたね。

ところで、広告やカタログに掲載されている
アナログ時計の針の位置は、
大体が10時10分頃を指していますよね。
これは一つはバランスが良いから
二つ、針を重ねると時計の針が分かりにくいから
そして、12時に針を重ねてしまうと
ブランド名のロゴが隠れてしまうから。
という理由があるからだそうで、
時計各社によって、その針の位置が
キチンと決められているそうです。
「セイコー」は10時8分42秒
「シチズン」は10時9分35秒
「カシオ」は10時8分36秒を指すと
厳密に決められているそうです。
面白いもんですね。

今度、時計のポスターなんか見かけたら
ちょっと確認してみましょうかね。

参考:ウイキペディア
   「職場の教養 7月号」
posted by 優駿 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

時給1250万円の男。

世界一のお金持ち『ビル・ゲイツ』さん
10月28日生まれの54歳。
時給1250万円とも言われ
その総資産は5兆円を超えるそうですよ。
“ヒェ〜!! ちょとだけでも分けて下さい”
と言いたくなるのは私だけではないでしょう。
このゲイツさん 
お父さんの名前は『ビル・ゲイツ』さん
おじいさんの名前も『ビル・ゲイツ』さん
曾おじいさんも『ビル・ゲイツ』さん
そういうわけで、現在の『ビル・ゲイツ』さんは
正確には『ビル・ゲイツ四世』になるわけですが、
現在のゲイツさんのお父さんが戦争に行った時に
自分が三世だと貴族みたいで笑われるという理由で
二世と登録したそうです。
そして、お父さん、それをそのまま
忘れてしまって、自分が本当は三世なのに
子供の名前を届け出る時に
誤って三世と届けてしまったそうです。
現在の『ビル・ゲイツ』さんは
ビジネス上の書類などでは
『ビル・ゲイツ三世』とサインしているらしいです。
ちなみに本名は
『ウイリアム・ヘンリー・ゲイツ・サード』
という名前らしいです。
やっぱり「サード」となっているんですね。

しかし、世界一のお金持ちって、
毎日何を食べているんでしょうね。
1日一緒にいてどんな暮らししているのか
見てみたいものです。

参考:KBCラジオ『パオーン』沢田じいちゃん




posted by 優駿 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒ ト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続・大統領のお辞儀。


前回のつづき
『会釈』というのは腰を起点に
上半身を15度程度傾けるお辞儀で
『敬礼』は45度傾けるお辞儀で、
そして『最敬礼』は上半身を90度
傾けるお辞儀をいうのだそうです。
中々、90度のお辞儀なんて
お目にかかれませんね。
昔、GSでバックミラー越しに
スタンドのお兄さんが深々と
このお辞儀をしてくれているのを見て
自分が偉くなったような気になったのを
思い出しました。
今回、オバマ大統領は天皇陛下に
握手をしながらこの『最敬礼』を
していました。
正に90度のお辞儀でしたね。

そしてこの握手ですが、
アメリカでの握手は強すぎず、弱すぎず、
しっかり握る事がマナーですが、
強すぎると相手に不快感を与え、
弱すぎるのは、アメリカでは
Dead fish hand shake と呼ばれ
死んだ魚を握るようで気持ちが悪いと
言われているそうです。
そういえば時々、男性ながらに、
“フニャ〜”というような握手する人、
確かにいます。握手一つで
その人が頼りなく感じたりもしますね。

握手をする時は背筋を伸ばして
相手の目を見ながら、しっかり
握る事が大切なようです。

参考:KBCラジオ『パオーン』沢田じいちゃん
 



posted by 優駿 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。